男性不妊治療方法

16.09.24

男性の妊娠させる力に影響を及ぼすもの男性不妊の背景にある病気男性不妊治療方法

IVFやICSI、TESE前の精索静脈瘤手術は治療成績を改善する

精索静脈瘤と診断された乏精子症や無精子症の男性不妊患者においては、手術を受けることによってパートナーへの人工授精や体外受精、顕微授精の治療成績が改善されること、また、無精子症の場合でも精索静脈瘤の手術を受けることで精巣精子採取術での精子回収率が改善されることがアメリカで実施されたシステマティックレビューとメタ解析で明らかになりました。

続きを読む

15.05.13

男性の妊娠させる力に影響を及ぼすもの男性不妊治療方法

精索静脈瘤の手術後のビタミンC補充効果

精索静脈瘤の手術後のビタミンCの補充は精子の状態の改善効果を高めることがわかりました。

続きを読む

14.04.27

男性不妊治療方法

乏精子症、精子無力症の男性不妊へのSOサポート服用効果

抗酸化サプリメント「SOサポート」の継続的な摂取は乏精子症や精子無力症、精子奇形症の男性不妊患者の精子濃度や精子運動率に改善なることが日本で実施された試験で明らかになりました。

続きを読む

13.09.07

男性の妊娠させる力に影響を及ぼすもの男性不妊の背景にある病気男性不妊原因男性不妊治療方法

精索静脈瘤の男性不妊患者へのCoQ10補充療法

コエンザイムQ10の補充は軽度の精索静脈瘤の男性不妊患者の抗酸化能力を高め、精子濃度や精子運動率を改善させることがイタリアで実施された試験で確かめられました。

続きを読む

13.01.17

男性不妊治療方法

コエンザイムQ10は男性不妊患者の精液中の抗酸化力を高める

コエンザイムQ10の摂取によって、原因不明のOAT症候群(精子濃度や精子運動率、正常精子形態率が基準値を下回る)の男性不妊患者の精液中の抗酸化能力が改善されることがイランで実施された試験で確かめられました。

続きを読む

12.06.28

男性不妊治療方法

コエンザイムQ10は原因不明男性不妊の精液の質を改善する

コエンザイムQ10の摂取によって、原因不明のOAT症候群(精子濃度や精子運動率、正常精子形態率が基準値を下回る)の男性不妊患者の精液の質を改善することがイランで実施された臨床試験によって確かめられました。

続きを読む

11.01.19

男性不妊治療方法

抗酸化サプリメントは男性不妊のIVFやICSIの治療成績を改善する(システマティックレビュー)

男性が抗酸化サプリメントを服用することで、男性不妊が原因の体外受精や顕微授精の妊娠率や出産率を高めることが、システマティックレビューにより明らかになりました

続きを読む

10.03.02

男性不妊治療方法

精子の凍結保存の期間の長さは精子の運動能力の低下に関係しない

精子を長期間に渡り凍結保存しても、融解後の生殖能力は低下しないことが、イスラエルで実施した試験で確かめられました。

続きを読む

09.09.21

男性不妊治療方法

クラインフェルター症候群による無精子症へのTESE-ICSIの治療成績

クラインフェルター症候群に伴う無精子症の男性患者へ、TESE(精巣内精子採取術)ICSI(顕微授精)を実施したところ、66%の割合で精子の採取に成功し、精子の採取に成功した男性のパートナーの57%が妊娠、45%が出産にいたりました。

続きを読む

09.04.07

男性不妊治療方法

クロミフェン+ビタミンEで乏精子症が改善される

抗エストロゲン作用のあるクロミフェンと抗酸化作用のあるビタミンEの摂取は、原因不明の乏精子症の男性の精子数や妊娠率を高めることが、エジプトで実施されたランダム化比較試験で確かめられました。

続きを読む

1  2  3