ホーム>ブックガイド

卵子が今持っている能力を最大限に引き出す努力は大切

セルフケア

ママになるための『みおごはん』

著者:グリーンフィールズ
出版社:グリーンフィールズ
価格:1,620円(税込)
発売日:2017年7月20日

「みおごはん」とは、この本の監修者である鳥取県米子市の「ミオ・ファティリティ・クリニック(MFC)」の院内食のことで、タイトルにある通り「ママになるため」のごはん、すなわち、お子さんを望まれる女性、そして、まだ見ぬ赤ちゃんの心と身体の健康によい食事のことです。MFCの院長の見尾先生は、今や最先端の生殖医療の臨床や研究になくてはならない「タイムラプスシネマトグラフィー」という受精卵の発育過程を連続的に観察できる装置の開発に多大な貢献をした世界的にも有名な先生です。「みおごはん」そのものは、「ごはんと一汁三菜」を基本とした和食なのですが、この本の最大の特長と価値は、見尾先生のこれまでの診療や研究の経験を基に、赤ちゃんを望む女性の食事やライフスタイルについて、本当に大切なことを教えてくれていることだと思います。

続きを読む