ホーム>>メルマガ

メルマガ

不妊に悩むカップルが、悩みを克服するために、二人で話し合い、考えを整理して、自分たちに最適な答えを出すためのヒントになるような情報を、出来る限り客観的な視点で、お届けしています。当メルマガは、現役の医師がサポートしています。配信:毎週

メールマガジンの登録

下の入力フォームにEメールアドレスをご入力下さい。

メルマガ最新版

____________________________________________________________________

 妊娠しやすいカラダづくり No.916          2021/1/10
____________________________________________________________________


今週の内容__________________________________________________________

・更新情報
・トピックス:冷えにくいカラダをつくる
・当社製品&サービス
・編集後記


更新情報____________________________________________________________

 サイト版「妊娠しやすいカラダづくり」の更新情報です。
------------------------------------------------------------------
2021年1月4日 編集長コラム
笑う門には福きたる!

https://www.akanbou.com/column/henshuuchou/20201228.html
--------------------------------------------------------------------
記事についてのご質問は下記のアドレス宛お寄せ下さい。
info@akanbou.com


トピックス Jan.2021________________________________________________

 冷えにくいカラダをつくる
-----------------------------------------------------------------------
寒い日が続くこの季節、カラダを冷やさないことは、妊娠、出産のみならず、免疫システムをはじめ、カラダに備わったさまざまな機能が正常に働くにはとても大切なことです。

特に、年齢とともに、その大切さは増します。

寒さ対策と言えば、たいては、外出時の防寒対策や温まる食べ物、温まる飲み物で、身体を、"外から、内から"温めることになります。

ただ、身体を、"外から、内から、温める"という方法は、即効性がありますが、一時的、依存的なものです。

そのような、言ってみれば、「他力本願的」に温めることもさることながら、自らが自らの身体を温める、言ってみれば、「自家発電的」に温かくなると、飛躍的に効果が高まります。

自分で冷えにくいカラダをつくるという感覚です。

◎身体が温かくなるメカニズムを考えてみる
身体の温かさのもとになる熱はどのようにしてつくられるのでしょう。私たちは、糖や脂肪などのエネルギー源を酸素で燃やすことで、エネルギー(ATP)を産生していますが、その際に、熱を放出し、細胞がATPを利用する際にも熱が発生します。

熱は、「エネルギー」を「産生」し、それを「利用」する過程で放出されます。

そして、エネルギーは全身の細胞で、常につくられているのですが、その働きや役割の違いから、それぞれの場所(臓器)によって、熱の放出度合いには、バラツキがあります。通常、体温と呼んでいるのは、それぞれの臓器が産み出す熱の平均値ですが、それらの臓器の中で、最も大量に熱を産み出すのは「筋肉(骨格筋)」です。

そして、骨格筋は、体重の35-40%を占める最大の臓器です。

◎熱量を増やすために
熱量、すなわち、エネルギー産生量を増やす方法を挙げてみます。

[1]5大栄養素とビタミンミネラルを過不足なくとる
細胞がエネルギーを産生するすべてのプロセスの代謝にはビタミンやミネラルが働いています。そのため、もしも、食事のバランスが悪かったり、ビタミン不足に陥ると、体内の熱産生効率が悪くなる、すなわち、不完全燃焼が起こってしまいます。

基本は、5大栄養素とビタミンを過不足なくとることです。

当たり前すぎることから、スルーされがちなことですが、ここをおろそかにして、身体を温める食材や飲み物、器具にこだわっても、その効果もそれなりになり、順番が逆です。

まずは、ベースを固めることから始めるということです。

[2]たんぱく質の豊富な朝食を食べる
体温が最も低下するのは夜中の2時、3時、そして、明け方から徐々に上がりはじめます。そのため、朝、起床時の低い体温を、スムースに上昇させることがとても大切になってきます。

そのためには、朝食をしっかりと取ることです。

具体的には「たんぱく質の豊富な朝食」です。なぜなら、糖質や脂肪よりたんぱく質の多い食事をとったときのほうが熱の産生がより高くなるからです。

そのため、納豆に卵、焼き魚という和朝食は理想的です。反対に、コーヒーにトースト、生野菜というメニューは、内臓を冷やしてしまう恐れがあります。

[3]筋力をつける
身体の中で、最も大量に熱を生み出すのは筋肉です。

それに対して、脂肪は、熱を産生するエネルギー源になるのですが、脂肪そのものは、熱を産み出すことはありません。

そのため、脂肪を燃やして、筋肉をつけることが、温かいカラダをつくることになります。

つまり、筋量を増やすことで、基礎代謝が高まることで、放出する熱量も大きくなるということです。

[4]よく動く(目安は1日1万歩)
身体の中で一番冷えるところ足と言われています。足は心臓から一番遠いので、心臓から送り出された温かい血液の巡りが悪くなりがちだからです。

対策としては、歩くことで、下半身をはじめとする筋肉から熱が産生され、なおかつ、足の筋肉をがポンプになって、血流をよくしてくれます。特に、女性にとって効果的です。

その際のポイントは太ももとふくらはぎです。太ももをより動かすには、階段の上り下りのような動きが効果的です。また、ふくらはぎは、足先を上下に動かすのが効きます。

よく動く、ひたすら歩くこと、そして、補助的にストレッチを朝晩欠かさずやると完璧です。

以上、しっかりした(たんぱく質源になるおかずのある)朝食を食べること。そして、適度に運動すること、筋力をつけることです。

これで1日を通して、熱が効率的に産生、放出され、冷えにくいカラダになるはずです。

最後に、身体を熱を生み出すための基本を理解すれば、その方法は自分にあったものを工夫すればよいわけで、必ずしも上に挙げた方法だけではないことをお断りしておきます。

--------------------------------------------------------------------
記事についての感想やご意見は下記のアドレス宛お寄せ下さい。
info@akanbou.com


当社製品&サービス________________________________________________

・BABY&ME~新しい命のための環境づくり
 https://babyandme.jp/

・翻訳書:妊娠しやすい食生活
 http://www.akanbou.com/shoku/

・お勧めの本:妊娠しやすいカラダづくり BOOK GUIDE
 http://www.akanbou.com/bookguide/


編集後記____________________________________________________________

冷えにくいカラダは、風邪を引きにくい、そして、病気になりにくいカラダでもあります。

なぜなら、体温が上がると血液の流れがよくなり免疫力が高まるからです。体温が1度下がると免疫力は30%低くなると言われています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
妊娠しやすいカラダづくり[毎週末発行] VOL.916
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お子さんを望まれるカップルの"選択"や"意志決定"をサポートします。
--------------------------------------------------------------------
不妊に悩むカップルが、悩みを克服するために、二人で話し合い、考えを整理して、自分たちに最適な答えを出すためのヒントになるような情報を、出来る限り客観的な視点でお届けしています。
--------------------------------------------------------------------
発 行:株式会社パートナーズ
編 集:細川忠宏(日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー)
サイト:http://partner-s.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎発行部数
・自社配信: 1,498部
・まぐまぐ: 2,448部
・合計部数: 3,946部(1月10日現在)
--------------------------------------------------------------------
◎免責事項について
当メールマガジンの提供する情報は医師の治療の代わりになるものでは決してありません。プログラムの実行は各人の責任の元で行って下さい。プログラムの実行に伴う結果に関しては、当社の責任の範囲外とさせて頂きます。
--------------------------------------------------------------------
◎注意事項
読者の皆さんから寄せられたメールは、事前の告知なく掲載させていただく場合がございます。匿名などのご希望があれば、明記してください。また、掲載を望まれない場合も、その旨、明記願います。メールに記載された内容の掲載によって生じる、いかる事態、また何人に対しても一切責任を負いませんのでご了承ください。
--------------------------------------------------------------------
◎著作権について
当メールマガジンの内容に関する著作権は株式会社パートナーズに帰属します。一切の無断転載はご遠慮下さい。