ホーム>>メルマガ

メルマガ

不妊に悩むカップルが、悩みを克服するために、二人で話し合い、考えを整理して、自分たちに最適な答えを出すためのヒントになるような情報を、出来る限り客観的な視点で、お届けしています。当メルマガは、現役の医師がサポートしています。配信:毎週

メールマガジンの登録

下の入力フォームにEメールアドレスをご入力下さい。

メルマガ最新版

____________________________________________________________________

 妊娠しやすいカラダづくり No.808 2018/12/9
____________________________________________________________________


今週の内容__________________________________________________________

・更新情報
・最新ニュース解説:週3回の魚を前提にタンパク源の摂取バランスを見直す
・イベント&セミナー情報
・お知らせ
・編集後記


更新情報____________________________________________________________

サイト版「妊娠しやすいカラダづくり」の更新情報です。
--------------------------------------------------------------------
2018年12月4日 編集長コラム
精製度、加工度の低い食品を選び、偏りなく食べる
https://www.akanbou.com/column/henshuuchou/20181204.html
--------------------------------------------------------------------
記事についてのご質問は下記のアドレス宛お寄せ下さい。
info@akanbou.com


最新ニュース解説 Dec. 2018_________________________________________

 週3回の魚を前提にタンパク源の摂取バランスを見直す
-------------------------------------------------------------------
魚を多く食べる女性ほど体外受精や顕微授精の出産率が高かったというアメリカで実施された研究結果(1)が発表されました。

◎どんな研究だったのか?
ハーバード大学がマサチューセッツ総合病院で不妊治療を受けているカップルを対象に治療成績に影響する要因について調べている前向き研究「EARTH Study」で、今回はタンパク質が豊富な食品の食べる量とART治療成績の関連を検討しました。

351名の女性ART患者に治療開始前に食物摂取頻度調査票に過去1年間の食品の摂取頻度と1回のおよその摂取量を記入してもらい、タンパク質が豊富な食品の摂取量で4つのグループにわけ、598周期の治療周期あたりの出産率との関連を解析しました。

◎どんなことがわかったのか?
魚の摂取量で4つのグループに分けたところ、グループ別の平均の1日の魚の食べる量と出産率は以下の通りでした。

魚摂取量が最も少なかったグループ:0.06人前/日・34.2%

魚摂取量が少なかったグループ  :0.18人前/日・38.4%
魚摂取量が多かったグループ   :0.26人前/日・44.7%
魚摂取量が最も多かったグループ :0.44人前/日・47.7%

治療開始前に魚を多く食べていた女性ほど出産率が高かったことがわかります。

因みに、それぞれのグループの週あたりの魚のおおよその摂取頻度は以下の通りです。

魚摂取量が最も少なかったグループ:2週間に1回

魚摂取量が少なかったグループ  :週に1回
魚摂取量が多かったグループ   :週に2回
魚摂取量が最も多かったグループ :週に3回

もう1つ、魚以外のタンパク質を豊富に含む食品を週に2回、魚に変更したら、出産率はどうなるかを推計しています。

その結果、魚以外のタンパク質食品を週に2回分魚に食べ変えた場合、出産率は1.54倍に、精製肉を週に2回分魚に食べ変えた場合、出産率は1.64倍になることが推定されました。

◎これまでの研究でわかっていたこと
健康な妊活カップルを対象とした研究(2)で、魚をたくさん食べるカップルほど性交回数が多く、妊娠までの期間が短かったという報告がなされています。

魚介類を食べる頻度が周期あたり8回以上だったカップルと1回以下だったカップルの性交回数を比べると、8回以上食べたカップルは1回以下だったカップルに比べて性交の頻度が22%多く、妊娠までにかかった期間から算出した妊娠率も61%高かったとのこと。

このように高度な不妊治療を受けている女性にとっても、受けていない妊活カップルにとっても魚を多く食べることは、妊娠、出産にプラスの影響を期待できるかもしれないということが言えます。

◎なぜ魚なのか?
良質の動物性タンパク質が豊富であることに加えて、ビタミン(D、E、B12)やミネラル(カリウム、カルシウム、マグネシウム、硫黄、鉄、銅、亜鉛、ヨウ素、セレン等)などの栄養素も豊富に含まれています。

そして、魚油にはオメガ3系脂肪酸であるDHAやEPAが豊富に含まれています。

さらには、タウリンやアンセリン、バレニンを始めとする多様な機能性成分が含まれています。

中でもオメガ3脂肪酸は、元々は植物や海藻に含まれているものですが、海藻を食べるプランクトンに蓄積され、それを食べる魚の油に濃縮されていることから、私たちにとっての主なオメガ3脂肪酸の供給源になっています。

同じEARTH研究で、オメガ3系脂肪酸であるDHAやEPAの食事やサプリメントからの摂取量や血中濃度が高いほど妊娠率や出産率が高いことが示されています(3)。

◎日本人の魚の食べる量は年々減っている
元々、日本人は世界でも有数の魚をよく食べる人種でしたが、2001年以降、年々、減っています。最新の国民健康栄養調査では30代、40代の女性の平均の魚の摂取量は2001年に比べて40%も減っています。

反対に肉の摂取量は、年々、増加していて、2008年に魚の摂取量と逆転しました。

◎週に3回の魚を前提にタンパク源の摂取バランスを見直す
私たちの身体の水分を除くと半分はタンパク質からなっています。タンパク質は身体の材料になるだけでなく、酵素やホルモン、その他、生体調整成分の材料にもなっています。

そして、約20種類のアミン酸がタンパク質を構成していますが、含まれる食品によってその数や構造が異なり、さらに、タンパク質以外の脂質や糖質、微量栄養素の種類や構成も異なります。

そのため、動物性タンパク質か植物性タンパク質に偏ることなく、さらには、動物性タンパク質の中でも偏りなく食べることが大切です。

そんな中で、今回の研究結果から「週3回以上魚を食べる」ことを前提にして、そこから全体のバランスを見直しみてはいかがでしょうか?

文献:
1)Am J Clin Nutr 2018; 108: 1104.
2)J Clin Endocrinol Metab. 108; 103: 2680.
3)Hum Reprod. 2018; 33: 156

--------------------------------------------------------------------
記事についての感想やご意見は下記のアドレス宛お寄せ下さい。
info@akanbou.com


お知らせ____________________________________________________________

■不妊治療と経済的負担に関するアンケート2018へのご協力のお願い
http://www.akanbou.com/seminar/20181014-4870.html

■不妊患者の経済的負担の軽減等を目指すための署名活動へのご協力のお願い
http://www.akanbou.com/seminar/20181014-4871.html

当社製品&サービス________________________________________________

・サプリメント:BABY&ME~新しい命のための環境づくり
 https://babyandme.jp/

・翻訳書:妊娠しやすい食生活
 http://www.akanbou.com/shoku/

・お勧めの本:妊娠しやすいカラダづくり BOOK GUIDE
 http://www.akanbou.com/bookguide/


編集後記____________________________________________________________

食事全体のバランスもさることながら、それぞれの栄養素をどんな食品から食べるかも、満遍なく食べることが鉄則です。

今回の研究結果も魚だけを食べていればいいというものではないということですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
妊娠しやすいカラダづくり[毎週末発行]     VOL.808
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お子さんを望まれるカップルの"選択"や"意志決定"をサポートします。
--------------------------------------------------------------------
不妊に悩むカップルが、悩みを克服するために、二人で話し合い、考えを整理して、自分たちに最適な答えを出すためのヒントになるような情報を、出来る限り客観的な視点でお届けしています。
--------------------------------------------------------------------
発 行:株式会社パートナーズ
編 集:細川忠宏(日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー)
サイト:http://partner-s.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎発行部数
・自社配信: 1,450部
・まぐまぐ: 2,809部
・合計部数: 4,259部(12月9日現在)
--------------------------------------------------------------------
◎免責事項について
当メールマガジンの提供する情報は医師の治療の代わりになるものでは決してありません。プログラムの実行は各人の責任の元で行って下さい。プログラムの実行に伴う結果に関しては、当社の責任の範囲外とさせて頂きます。
--------------------------------------------------------------------
◎注意事項
読者の皆さんから寄せられたメールは、事前の告知なく掲載させていただく場合がございます。匿名などのご希望があれば、明記してください。また、掲載を望まれない場合も、その旨、明記願います。メールに記載された内容の掲載によって生じる、いかる事態、また何人に対しても一切責任を負いませんのでご了承ください。
--------------------------------------------------------------------
◎著作権について
当メールマガジンの内容に関する著作権は株式会社パートナーズに帰属します。一切の無断転載はご遠慮下さい。