ホーム>>メルマガ

メルマガ

不妊に悩むカップルが、悩みを克服するために、二人で話し合い、考えを整理して、自分たちに最適な答えを出すためのヒントになるような情報を、出来る限り客観的な視点で、お届けしています。当メルマガは、現役の医師がサポートしています。配信:毎週

メールマガジンの登録

下の入力フォームにEメールアドレスをご入力下さい。

メルマガ最新版

____________________________________________________________________

 妊娠しやすいカラダづくり No.986            2022/5/15
____________________________________________________________________


今週の内容__________________________________________________________

・トピックス:アンチエイジングを意識した食べ方とは?
・当社製品&サービス
・編集後記


トピックス May.2022________________________________________________

 アンチエイジングを意識した食べ方とは?
-----------------------------------------------------------------------
地中海食は世界的に有名な健康食で、その「アンチエイング」効果を検証した研究報告は膨大な数にのぼります。

妊娠に際してもよい影響を及ぼすようで、地中海食に近い食べ方をしている女性ほど体外受精の妊娠率が高かったという研究報告(1)がなされています。

ただし、地中海食と言えども、30代後半になると、治療成績との関連性は弱くなります。

地中海食が治療成績に及ぼすプラスの影響も年齢によるマイナスの影響にかき消されてしまうということなのでしょうか。

もちろん、食事で年齢の影響をどうにか出来ると考えているわけではありませんが、もう一歩踏み込んで、「アンチエイジング作用を高める」食べ方や食材があるのでしょうか。

そのことについて大きなヒントになる研究報告があります。

それは、同じ地中海食でも、ポリフェノール含む食材を多く食べている人ほど死亡率が低いというものです。

イタリアのMoli-sani 研究というで、2万人以上の35歳以上の男女を中央値で8.3年追跡した前向きコホート研究の結果(2)です。

2万人以上を10年近く追跡するとは、すごい研究です。

そして、ポリフェノールの積極的な摂取が地中海食のアンチエイジング効果を高めるというのです。

そもそも、地中海食の健康効果は主にその抗酸化や抗炎症作用によるものと考えられています。

ポリフェノールはそれらの作用をさらに増強するのかもしれません。

ポリフェノールは、ほとんどの植物に存在する苦味や色素の成分で、自然界に5,000種類以上あると言われています。

要するに、ほとんどの植物がこのポリフェノールをつくっているというのことになります。また、一つの植物でも何種類かのポリフェノールをつくって、蓄えていると言われています。

代表的なものを挙げると、赤や青、紫の色素であるアントシアン、マメ科に含まれるイソフラボン、茶の渋み成分であるカテキン類、それらにフラボン、フラボノールをあわせてフラボノイド、そして、ぶどうの皮に含まれるレスベラトロールで有名なスチルベノイド、コーヒーに含まれるクロロゲン酸で有名なフェニルプロパノイド、また、柿の渋み成分として有名なタンニンなどです。

そもそも、植物は、動物と違い、動くことができないため紫外線などの環境によるダメージから自分を守る、強力、かつ、精巧な仕組みが備わっています。

その中心が、「さまざまなポリフェノールをつくり、蓄えておくこと」ということになります。
自ら身を隠したり、逃げたりすることができない植物が、環境や外敵から自らを守るための「武器」です。

そして、このポリフェノール、ヒトにとってはビタミンやミネラルのような必須栄養素ではなく、生体異物ですが、私たちをも守ってくれる「武器」になるというわけです。

もちろん、ポリフェノールだけをサプリメントで摂るというのも有りだとは思いますが、地中海食をベースにして、その上で、ポリフェノールを積極的に摂取するほうがベターです。

摂取する上での重要なポイントが2つあります。

1つは、出来るだけ多くの種類の野菜や果物を食べて、満遍なく摂るということです。

これまで名前の知られたポリフェノールは、よく調査研究されているということであって、ほとんどの植物に含まれているわけですから、とにかく、多くの種類の野菜や果物を食べるように工夫することが大切です。

もう1つは、毎日、摂取するということです。

ポリフェノールは水に溶けやすい性質があるため、比較的短時間で作用しますが、効果は長時間持続しないことが知られているからです。

最後に地中海食は和食にとても似ていて、昔ながらの和食のご飯を白米から玄米や胚芽米にし、野菜や果物の量を2〜3倍にすることで、限りなく地中海食に近くなります。

地中海食と言えば、オリーブオイルを連想されるかもしれませんが、栄養学的にとても似た食べ方のようです。

植物が自らのサバイバルのためにつくられたポリフェノール、まさに、「自然の恵」としかいいようがありません。

この恩恵を利用しない手はありません。

◎文献)
1)Hum Retrod. 2018; 33: 494-502
2)Nutrition 2018; 48: 87-95

--------------------------------------------------------------------
記事についての感想やご意見は下記のアドレス宛お寄せ下さい。
info@akanbou.com


当社製品&サービス________________________________________________

・BABY&ME~新しい命のための環境づくり
 https://babyandme.jp/

・翻訳書:妊娠しやすい食生活
 http://www.akanbou.com/shoku/

・お勧めの本:妊娠しやすいカラダづくり BOOK GUIDE
 http://www.akanbou.com/bookguide/


編集後記____________________________________________________________

地中海食は妊娠しやすさだけでなく、出生児の長期に渡る健康にも寄与することが知られています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
妊娠しやすいカラダづくり[毎週末発行]     VOL.986
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お子さんを望まれるカップルの"選択"や"意志決定"をサポートします。
--------------------------------------------------------------------
不妊に悩むカップルが、悩みを克服するために、二人で話し合い、考えを整理して、自分たちに最適な答えを出すためのヒントになるような情報を、出来る限り客観的な視点でお届けしています。
--------------------------------------------------------------------
発 行:株式会社パートナーズ
編 集:細川忠宏(日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー)
サイト:http://partner-s.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎発行部数
・自社配信: 1,217部
・まぐまぐ: 2,305部
・合計部数: 3,522部(5月15日現在)
--------------------------------------------------------------------
◎免責事項について
当メールマガジンの提供する情報は医師の治療の代わりになるものでは決してありません。プログラムの実行は各人の責任の元で行って下さい。プログラムの実行に伴う結果に関しては、当社の責任の範囲外とさせて頂きます。
--------------------------------------------------------------------
◎注意事項
読者の皆さんから寄せられたメールは、事前の告知なく掲載させていただく場合がございます。匿名などのご希望があれば、明記してください。また、掲載を望まれない場合も、その旨、明記願います。メールに記載された内容の掲載によって生じる、いかる事態、また何人に対しても一切責任を負いませんのでご了承ください。
--------------------------------------------------------------------
◎著作権について
当メールマガジンの内容に関する著作権は株式会社パートナーズに帰属します。一切の無断転載はご遠慮下さい。