ホーム>>メルマガ

メルマガ

不妊に悩むカップルが、悩みを克服するために、二人で話し合い、考えを整理して、自分たちに最適な答えを出すためのヒントになるような情報を、出来る限り客観的な視点で、お届けしています。当メルマガは、現役の医師がサポートしています。配信:毎週

メールマガジンの登録

下の入力フォームにEメールアドレスをご入力下さい。

メルマガ最新版

____________________________________________________________________

 妊娠しやすいカラダづくり No.835 2019/6/16
____________________________________________________________________


今週の内容__________________________________________________________

・更新情報
・最新ニュース解説:鉄と妊娠しやすさとの関係
・当社製品&サービス
・編集後記


更新情報____________________________________________________________

サイト版「妊娠しやすいカラダづくり」の更新情報です。
-------------------------------------------------------------------
2019年6月15日 
最新ニュース
鉄の摂取量と妊娠しやすさとの関係
https://www.akanbou.com/news/news.2019061501.html
--------------------------------------------------------------------
2019年6月12日 
曇り時々雨、のち晴れますように
ブログ
https://www.akanbou.com/column/reproductivecounseling/20190612.html
--------------------------------------------------------------------
記事についてのご質問は下記のアドレス宛お寄せ下さい。
info@akanbou.com


最新ニュース解説 Jun.2019__________________________________________

 鉄と妊娠しやすさとの関係
-----------------------------------------------------------------------
食事やサプリメントからの鉄の摂取量は妊娠しやすさとは関連しないという研究結果がボストン大学から報告されています(1)。

これまで葉酸やビタミンDについては妊孕能と関連するという研究報告がいくつもなされていますが、鉄についてはわかっていませんでした。

そんな中で、北米とデンマークという2つの地域で実施された妊娠を希望する女性を対象とした前向きコホート研究の結果が発表されました。

そういう意味では今回の研究結果は大変貴重です。

◎どんな研究だったのか?
北米(カナダとアメリカ)とデンマークの妊娠希望の女性(北米で2969名、デンマークで1693名)を対象に8週間ごとに食事内容についての質問票に回答してもらい、1年間、あるいは、妊娠するまで追跡しました。

食事とサプリメントによる鉄の摂取量と妊娠しやすさがどのような関連性があるのかを調査しました。尚、妊娠しやすさは妊娠するまでにかかった期間から算出した妊娠確率を目安にしています。

◎どんな結果だったのか?
カナダ&アメリカでの1日の平均鉄摂取量は10.4mgで、種類別では非ヘム鉄が9.7mg、ヘム鉄が 0.7mgでした。一方、デンマークでの1日の平均鉄摂取量は12.1mgで、内訳は非ヘム鉄が11.5mg、ヘム鉄が0.6mgでした。

2つの地域で鉄の摂取状況が異なることがわかります。具体的には、トータルの鉄の摂取量はデンマークのほうが多いものの、ヘム鉄だけみれば北米のほうが多く摂取していました。

・食事からの鉄と妊娠しやすさの関係
デンマークでも、北米でも、食事からの鉄の摂取量と妊娠しやすさは関連しませんでした。

・鉄の種類別にみると
ヘム鉄の摂取量も妊娠しやすさと関連しなかったものの、非ヘム鉄は、高摂取群(11mg/日以上)は低摂取群(9mg/日未満)に比べると、妊娠確率が、デンマークの研究では1.11、北米の研究では、1.01と、有意差はないもののほんのわずかですが高い傾向が見られました。

・出産経験者と出産未経験者別にみるとデンマークの研究でも、北米の研究でも、出産経験のある女性では、トータルの鉄と非ヘム鉄の摂取量で、高摂取群は低摂取群よりもわずかながら妊娠確率が高い傾向がみられました。一方、出産未経験者では関連はみられませんでした。

・過多月経や頻発月経(月経周期が短い)と正常な月経にわけてみると北米のみ、過多月経や頻発月経女性の妊娠確率は、非ヘム鉄摂取量が多くなるほど妊娠確率が高くなりました。一方、正常な月経女性では変わりませんでした。

・サプリメント摂取量と妊娠しやすさの関係
デンマークでは、鉄のサプリメント使用者と非使用者で、妊娠しやすさは変わりませんでしたが、北米では、サプリメント使用者がわずかに妊娠しやすいことがわかりました。また、北米では、過多月経や頻発月経の女性において、鉄サプリメント使用者は非使用者に比べて、妊娠確率が有意に高いことがわかりました。

◎鉄と妊娠しやすさ
結論は鉄の摂取量と妊娠しやすさは関連しないというものでした。

ただし、非ヘム鉄や鉄のサプリメントは、北米とデンマークでは結論が一致していません。

具体的には北米では、出産経験者や過多月経、頻発月経(月経周期が短い)等の鉄が不足していると考えられる女性では、非ヘム鉄や鉄のサプリメントの摂取量が多いほど妊娠しやすかったとものの、デンマークではそのような関連性は見出せなかったとのこと。

筆者らは、2つの地域間の結論の違いは、鉄の摂取状況の違いからくるのではないかとのこと。

要するに、デンマークでは植物性食品に豊富な非ヘム鉄が多く、動物性食品に豊富なヘム鉄が少ない一方、北米では動物性食品に豊富なヘム鉄が多く、植物性食品の豊富な非ヘム鉄が少ないというものです。

つまり、鉄をなにから摂るかで、その食品に含まれる他の栄養素の種類と量が異なり、その影響があるのではないかということ。

また、そもそも、鉄が不足している女性には食事からの非ヘム鉄の摂取やサプリメントからの鉄の補充は妊娠によい影響を及ぼす可能性があるということです。

◎鉄の過剰摂取は妊娠にマイナスになりかねない
鉄は、ヘモグロビンや各種酵素の構成要素となる栄養素で、最も代表的な働きは、ヘモグロビンとして赤血球の中で働き、酸素運搬や細胞呼吸を助けることで、不足すると鉄欠乏性貧血を招いてしまいます。

そのため、妊娠中期から後期にかけて、鉄の必要量が増大し、鉄が不足すると妊娠後の胎児の成育にマイナスの影響を及ぼすことはよく知られています(2)。

一方、今回の研究では、鉄は妊娠しやすさとは関連しないと結論づけられています。

それどころか、鉄を過剰に摂取することは、かえって、妊娠しづらくなるというリスクを孕んでいます。

例えば、鉄が過剰になると酸化ストレスや糖代謝異常を招き、卵子を悪くしてしまうこと
特に、PCOS女性では注意を要すると筆者は指摘しています。

◎妊娠しやすくする食材や栄養素は存在しない
栄養素はチームプレイヤーであって、適切なチームが形成されてはじめて、役割を発揮します。

そのため、妊活と称して、特定の食材や栄養素摂取すると適切なチームの形成を阻害してまうことになり、危険です。

妊娠しやすくする食材や栄養素は存在しません。

妊娠しづらくなるのを避けるような食べ方こそが大切です。

・文献
1)The Journal of Nutrition, nxz094, https://doi.org/10.1093/jn/nxz094
2)BMJ 2013;346:f3443.

--------------------------------------------------------------------
記事についての感想やご意見は下記のアドレス宛お寄せ下さい。
info@akanbou.com


当社製品&サービス________________________________________________

・サプリメント:BABY&ME~新しい命のための環境づくり
 https://babyandme.jp/

・翻訳書:妊娠しやすい食生活
 http://www.akanbou.com/shoku/

・お勧めの本:妊娠しやすいカラダづくり BOOK GUIDE
 http://www.akanbou.com/bookguide/


編集後記____________________________________________________________

妊娠のためにはフェリチンを必要とされるレベルを大きく上回る必要があるとの間違った説がまことしやかに流布されていますので、要注意です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
妊娠しやすいカラダづくり[毎週末発行]    VOL.835
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お子さんを望まれるカップルの"選択"や"意志決定"をサポートします。
--------------------------------------------------------------------
不妊に悩むカップルが、悩みを克服するために、二人で話し合い、考えを整理して、自分たちに最適な答えを出すためのヒントになるような情報を、出来る限り客観的な視点でお届けしています。
--------------------------------------------------------------------
発 行:株式会社パートナーズ
編 集:細川忠宏(日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー)
サイト:http://partner-s.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎発行部数
・自社配信: 1,398部
・まぐまぐ: 2,707部
・合計部数: 4,105部(6月16日現在)
--------------------------------------------------------------------
◎免責事項について
当メールマガジンの提供する情報は医師の治療の代わりになるものでは決してありません。プログラムの実行は各人の責任の元で行って下さい。プログラムの実行に伴う結果に関しては、当社の責任の範囲外とさせて頂きます。
--------------------------------------------------------------------
◎注意事項
読者の皆さんから寄せられたメールは、事前の告知なく掲載させていただく場合がございます。匿名などのご希望があれば、明記してください。また、掲載を望まれない場合も、その旨、明記願います。メールに記載された内容の掲載によって生じる、いかる事態、また何人に対しても一切責任を負いませんのでご了承ください。
--------------------------------------------------------------------
◎著作権について
当メールマガジンの内容に関する著作権は株式会社パートナーズに帰属します。一切の無断転載はご遠慮下さい。