その他

16.10.02

その他

つわりと流産の関係

つわり(妊娠中の吐き気や嘔吐)があると流産しにくいことがアメリカの研究で明らかになりました。

続きを読む

14.01.22

その他生活習慣・食事・サプリメント

妊娠中のビタミンD濃度と出生児の筋肉の成長との関連

妊娠中のビタミンD濃度が高いほど出生児の4歳時点での筋力が強いことが明らかになりました。

続きを読む

11.04.19

その他不妊治療のリスク

45歳以上ではじめてお子さんを妊娠、出産することの健康リスクについて

45歳以上の女性がはじめての子どもを妊娠、出産した場合、10人に8人の割合で、何らかの健康上の問題がおこり、ほぼ半数で低体重出生児になることが、イスラエルの研究で明らかになりました。

続きを読む

11.04.07

その他

妊娠初期の肥満は子宮内胎児死亡のリスクを高める

妊娠初期にBMIが30以上の肥満女性は出産前や出産後、出生後1年間の胎児死亡のリスクが高いことが、イギリスの大学の実施した試験で明らかになりました。

続きを読む

11.03.10

その他

妊娠前、妊娠中の副流煙(受動喫煙)は死産や先天異常のリスクを高める

タバコを吸わない女性にとって、妊娠前、妊娠中に家庭や職場の副流煙は死産や子の先天異常のリスクを高めることが、イギリスの大学で実施されたシステマティックレビューで明らかになりました。

続きを読む

10.11.18

その他

妊娠中の鎮痛剤の服用は男児の停留睾丸のリスクを高める

妊娠中の鎮痛剤の服用が男児の停留睾丸のリスクを高めることが、デンマークで実施された試験で明らかになりました。

続きを読む

10.10.15

その他妊孕性に影響する因子

喫煙が子宮外妊娠のリスクを高めるメカニズム

喫煙が子宮外妊娠のリスクを高めるのは、体内でニコチンから代謝されできるコチニンが卵管内で、卵管の筋肉の収縮を妨げる「PROKR1」というたんぱく質を増やすためではないかと、イギリスのエジンバラ大学で実施された試験から結論づけています。

続きを読む

10.08.11

その他

初めての流産の後、次の妊娠までそれほど間隔をあける必要はない

初めての流産の後、次の妊娠まで長い間隔をあける必要はないことが、イギリスで実施された試験で明らかになりました。

続きを読む

10.07.07

その他

母親が妊娠中にお酒を飲んでいた男性は精子濃度が少ない

母親が妊娠中にお酒を飲んでいた男性は、母親が妊娠中にお酒を飲まなかった男性に比べて、精子濃度が少ないことが、デンマークで実施された試験で明らかになりました。

続きを読む

10.06.01

その他不妊改善・生殖医療関連

原因不明の習慣流産には低用量アスピリンやへパリン併用療法は意味がない

原因不明の習慣流産には、低用量アスピリンも、低用量アスピリンとヘパリンを併用しても、プラセボ(偽薬)を摂取した場合と比べて出産率に違いはみられないことが、オランダで実施された試験で明らかになりました。

続きを読む

1  2  3  4  5  6