ホーム>>>ドクターに訊く>>専門家にインタビュー>>不妊治療のためのヨガ

専門医にインタビュー

vol.01
不妊治療のためのヨガ

岡部 朋子 先生(ルナワークス代表)

岡部 朋子

ストレスの多い現代、私たちの身体は知らないうちに力んだり、緊張したりしています。

妊活中であれば、なおさらのこと。そんなときは、身体をゆるませる「メディカルヨガ」で脱力してリラックス。日本での第一人者、岡部朋子さんがそのエッセンスをお届けします。

岡部さんは、「統合補完医療」としてのヨガの普及を目指し、高齢者や医療、 介護の現場で働く方々、身体障害者の方など、これまでヨガは困難と思われていた方々に向け、安全でわかりやすいヨガを提供できる社会の実現に向け取り組んでいます。

メディカルヨガの中の不妊治療のためのヨガについての岡部さんのエッセイをお送りします。

vol.01 インデックス

★岡部 朋子先生 プロフィール

ルナワークス主宰、メディアルヨガの指導者育成に取り組む。

慶応大学卒業後、総合商社勤務を経て、同大学院にてMBA(ファイナンス)を修了、米国税理士、会社設立を経てヨガを始め、日本人として初めてYoga Fit RYT 200時間を修了、Yoga Fitのパートナーとなり、2009年2月、RYT500修了、国際ヨガセラピスト協会(IAYT)会員として医療としてのヨガの普及につとめている。2010年にはヨガの処方箋としての世界的な手引書である『Yoga as Medicine』の日本語版『メディカルヨガ』を出版。2012年全米ヨガアライアンス E-RYT200修了。

ドクターに訊く —治療や相談—

専門家にインタビュー

ドクターにインタビュー