ホーム>>step3 男性不妊治療法>>女性への治療>>顕微授精

男性不妊

顕微授精

2011年10月27日

顕微授精では、1個の卵子に1個の精子を、顕微鏡下で人為的に注入して受精させます。この治療法が実施されるようになったことで、重度の男性不妊症でも妊娠が期待できるようになりました。

★卵子に精子を注入する治療

体外受精でも受精が成立するだけの精子数に満たない、もしくは、精子の受精機能が低下している場合、人為的に精子を卵子に注入して受精させることで、妊娠を目指します。

これにより、理論的のは1個の精子があれば妊娠が期待できるようになりました。

★男性不妊症で顕微授精が推奨されるケース

・高度乏精子症:精子濃度が100万/ml以下
・精子形態異常:正常形態精子が4%み満たない場合
・受精障害:体外受精でも受精しない、または、精子機能検査で受精障害が予測される
・無精子症で精巣内精子が回収できた場合

★男性不妊症への最終治療手段

顕微授精では、高度の乏精子症や精子無力症でも、男性不妊症ではないケースと比べて、同等の妊娠率が得られるとの報告があります。

また、たとえ、精子をつくる働きが低下して、精液中に精子がいない無精子症でも、精巣内から精子を回収することができれば、顕微授精を行うことで妊娠が期待できるようになりました。

現在の生殖医療では、MD-TESE~ICSIが重度の男性不妊症への最終の治療手段です。

step3 男性不妊治療法

セルフケア

男性への治療

女性への治療