ホーム>>step3 男性不妊治療法>>男性への治療>>精子回収‐顕微授精

男性不妊

精子回収‐顕微授精

2011年10月27日

非閉塞性無精子症や閉塞性無精子症で精路再建術が不可能な場合、夫婦の遺伝的なつながりのある子どもをもうけるためお最終手段として実施されるのが精巣内から精子を回収し、女性側へ顕微授精です。

【精子回収法】

conventionalTESEとMD-TESEの2種類があります。conventinal TESEは、主に閉塞性無精子症や射精障害のような精巣内に元気な精子がいると考えられる場合に行われます。一方、MD-TESEは、非閉塞性無精子症のような精巣内のごく限られたところにしかいないことが予測される場合に行われます。

★conventionalTESE

陰のうを切開し、精巣で精子をつくっている組織を採取し、精子がいるかどうか探し、みつかった精子を、通常は凍結保存し、顕微授精に用います。

★MD-TESE

陰のうを切開し、精巣をいったん外に出し、精子のいそうな組織を採取して、手術用顕微鏡で組織中に存在する精子を探し、みつかった精子を凍結保存し、顕微授精に用います。conventional TESEに比べて、精子を探す精度が高まり、採取する組織が少なくて済むことから、精巣へのダメージも少ない理想的な精子回収法と言えます。

★精子回収法による精巣精子採取率

閉塞性無精子法の場合のconventional TESEによる精子採取率は80~90%、非閉塞性無精症に対するMD-TESEによる精子採取率は約50%とされています。

step3 男性不妊治療法

セルフケア

男性への治療

女性への治療