ホーム>>step3 男性不妊治療法>>セルフケア>>ライフスタイル

男性不妊

ライフスタイル

2011年10月27日

健康な精子が育まれる体内の環境を整えるために生活習慣を見直すことが大切です。

★夫婦生活の回数を増やす(長い禁欲期間は禁物)

禁欲期間が長くなると精子の数は増えますが、古い精子が多くなり、質の低下した精子の割合が増えてしまいます。妊娠させる力は精子の数よりも質が大切ですので、長い禁欲期間は避けたいものです。

★有害物質対策

悪いとされているものは極力遠ざけるに越したことはありません。
◎ニコチン → 健康のためにも禁煙しましょう。
◎アルコール → 適度な飲酒を楽しみましょう。
◎化学溶媒、農薬 → 仕事で扱う方は要注意です。
◎薬 → 常用されている薬があれば医師に確認しましょう。

★下半身の高温対策

精子をつくるのにいろいろな酵素が働きます。酵素はたんぱく質から出来ていて働くのに最適な温度があります。体内で働く酵素は体温である37℃付近が最適温度なのですが、精子をつくる酵素は、それよりも低い34℃付近が最適温度とされています。そのため、精巣が高温にさらされると、精子をつくる酵素の働きが悪くなります。精子が熱に弱いとされるゆえんです。とにかく、下半身を開放することです。
◎下着 → 風通しのよいゆったりしたタイプを着用する。
◎風呂 → 熱い風呂や長風呂、サウナは禁物です。
◎暖房器具 → 電気毛布など直接下半身を温める暖房器具は避けます。

★ストレス対策

最も大切な対策かもしれません。とにかく、ストレスを避ける、ストレスを発散する、ストレスに強くなる、いずれも大切なことです。
◎適度な運動 → 最も効果的なストレス対策です。
◎リラクゼーション → 呼吸法や瞑想、気功、ヨガなど。
最適なストレス対策は、個人によっても異なることから、それぞれに工夫して取り組むことが大切です。

step3 男性不妊治療法

セルフケア

男性への治療

女性への治療