ホーム>検索結果

検索結果

キーワード「AMH」が付けられているもの

15.06.29

36〜39歳体外受精(IVF)、顕微授精(ICSI)検査、治療、受診治療方針・ステップアップ

早期閉経の可能性もあるとのことですが、2、3ヶ月で卵子がゼロになってしまうことはあるのでしょうか?

重要なことは、AMHが0になったことではなく、今後卵胞発育があるか否かです。高度の卵巣機能低下によって高ゴナドトロピン血症になっている場合は、経口排卵誘発剤を使用すると、卵胞発育が起こってこない可能性があるので、完全自然周期、または、女性ホルモン補充療法を試みるのがよいでしょう。

12.05.02

妊娠の妨げになっているものを調べる (不妊の検査)

卵巣年齢を調べる検査(AMH)

卵巣年齢の目安となるのがAMH(アンチミューラリアンホルモン)値で、発育卵胞から分泌されるホルモンで、卵巣内の卵子の数にリンクしていると考えられることから、卵巣の機能(卵巣予備能)、つまり「卵巣年齢」を知る目安とされています。血液検査で調べます。

12.01.08

治療方針

VOL.447 ステップダウンという選択肢について考える

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  妊娠しや...

11.12.25

女性の年齢治療方針

VOL.445 卵巣年齢と卵巣のアンチエイジング、そして、精子の質

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  妊娠しや...

11.12.04

その他

VOL.442 2011年に最もアクセスされた記事

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  妊娠しや...

11.11.14

ドクターに訊く自然療法

VOL.439 本来もっている妊娠する力を取り戻そう(前半)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  妊娠しや...

11.05.15

ドクターに訊く医師との関係治療方針

VOL.413 後悔しない体外受精の病院選びについて

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  妊娠しや...

11.02.06

用語の解説

VOL.399 アンチミューラリアンホルモンを理解する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 妊娠しや...

1