ホーム>検索結果

検索結果

キーワード「食生活」が付けられているもの

18.05.12

妊孕性に影響する因子生活習慣・食事・サプリメント

妊娠前の食事と妊娠迄に要した時間との関係

妊娠前に果物を食べる頻度が少なかったり、ファーストフードを食べる頻度が多いと、妊娠するまでに時間がかかることが4ヶ国の多施設共同研究の結果、明らかになりました。

15.08.31

生活習慣・食事・サプリメント男性の妊娠させる力に影響を及ぼすもの

食事パターンと精子の質との関係

食事パターンは男性の精液検査の結果と関連し、西洋式食事は精子濃度や正常精子形態率の低下、スイーツやスナック菓子、砂糖入り清涼飲料水は精子濃度の低下、そして、高炭水化物食は精子運動率の低下と、ぞれぞれ関連することが台湾の研究で明らかになりました。

15.08.30

生活習慣・食事・サプリメント

妊娠前の食生活と子の先天性心疾患発症リスク

妊娠前の健康的な食生活パターンは子のいくつかの先天性心疾患の発症リスクの低下に関連することがアメリカの研究で明らかになりました。

15.07.25

生活習慣・食事・サプリメント男性の妊娠させる力に影響を及ぼすもの

男性の肉の摂取と体外受精治療成績との関係

男性パートナーが鶏肉を多く食べるほど受精率が高く、反対に加工肉をよく食べるほど体外受精での受精率が低いことが、アメリカの研究(EARTH study)で明らかになりました。

15.05.11

生活習慣・食事・サプリメント

たんぱく質と炭水化物の摂取バランスと生殖機能や寿命との関係

生殖機能には「高タンパク低炭水化物食」、長寿には「高炭水化物低たんぱく質」が、それぞれ、ふさわしいことが、マウスを使った実験で確かめられました。

15.04.16

基礎知識妊孕性に影響する因子

食生活パターンによって子宮液の栄養素の組成が変わる

ヒトの子宮液の18種類のアミノ酸の量に影響を及ぼすのは食事内容だけであることがイギリスで実施された研究であきらかになりました。

14.11.08

生活習慣・食事・サプリメント

妊娠前の食生活パターンは早産に関連する

妊娠前の栄養は早産に関連し、妊娠前の1年間、主に、魚や肉、鶏肉(高たんぱく)、そして、果物や精製度の低い穀物をよく食べる食生活パターンの女性は早産になるリスクが低く、ファーストフードや調理済食品、ポテトチップス、精製度の高い穀物、砂糖をよく摂る食生活パターンの女性は妊娠期間が短く、早産になりやすいことがオーストラリアで実施された研究で明らかになりました。

14.06.15

生活習慣・食事・サプリメント男性の妊娠させる力に影響を及ぼすもの

加工肉や魚の食べる量と精子の質との関係

加工肉をよく食べる男性ほど正常精子形態率が低く、反対に、魚をよく食べるほど精子濃度や正常精子形態率が高いことがアメリカのハーバード公衆衛生大学院の研究チームが不妊治療クリニックに通院しているカップルの男性パートナーを対象に実施した試験で明らかになりました。

14.03.05

生活習慣・食事・サプリメント

妊娠中の食生活と早産リスクとの関係

妊娠中に健康的な食生活をおくっていた女性は早産のリスクが低いことが、ノルウェイで実施された大規模研究で明らかになりました。

13.08.19

不妊原因になる病気生活習慣・食事・サプリメント

朝食をしっかり、夕食を軽く食べることでPCOS女性の排卵率が高まる

朝食をしっかり、夕食を軽く食べることで肥満ではないPCOS女性のインスリン抵抗性や高アンドロゲンが改善され、排卵率が高まることがイスラエルの研究で明らかになりました。

13.06.05

生活習慣・食事・サプリメント

高たんぱく、低糖質食は妊娠する力に影響する

たんぱく質が多く、炭水化物を控え目にした食生活は妊孕性(妊娠する力)を高めるとの研究報告がアメリカ産婦人科学会学術総会で発表されました。

12.08.20

生活習慣・食事・サプリメント男性の妊娠させる力に影響を及ぼすもの

食事パターンと精液の質の関係

魚や鶏肉、果物、野菜、豆類、そして、全粒(精製していない)穀物を多く食べている男性ほど、前進する精子の割合が高いことが、アメリカのハーバード公衆衛生大学院の研究者を中心としたチームのよる研究で明らかになりました。

12.07.30

生活習慣・食事・サプリメント男性の妊娠させる力に影響を及ぼすもの

抗酸化物質の摂取量と精液の質との関係

食事からの抗酸化物質の摂取量は精液検査結果に関係することが、スペインの大学生を対象とした試験で明らかになりました。

12.06.19

生活習慣・食事・サプリメント

受精前の食生活と体外受精や顕微授精の治療成績との関係

オランダ栄養センターの食生活ガイドラインに忠実な食生活を送っていたカップルほど、体外受精や顕微授精の治療成績が良好であると、オランダのエラスムス大学医学部付属病院の産婦人科の研究チームが発表しました。

12.04.24

生活習慣を見直す

食生活

元気な卵子や精子を育むためには"何をどう食べるか"が重要です。 元気な卵子と精子をつくる食生活の基本 私たちのカラダの性能は"何をどのように食べるか"によって決まるといっても過言ではありません。それは、私たちの...

12.03.15

男性の妊娠させる力に影響を及ぼすもの

脂肪の摂取と精液の質との関係

肉類の脂肪に多い飽和脂肪酸の過剰な摂取は精子濃度を低下させるおそれがあり、魚油に多いオメガ3系脂肪酸の摂取は正常形態精子を増やすことが期待できるかもしれないことがアメリカのハーバードメディカルスクールで実施された試験で明らかになりました。

11.11.14

ドクターに訊く自然療法

VOL.439 本来もっている妊娠する力を取り戻そう(前半)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  妊娠しやすいカラダづくり 第439号 2011年11月14日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.aka...

11.11.06

自然療法食生活・生活習慣

VOL438 妊娠しやすいカラダをつくる食べ方を考える

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  妊娠しやすいカラダづくり 第438号 2011年11月6日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.akan...

11.10.23

学会ハイライト男性不妊

VOL.436 アメリカ生殖医学ハイライト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  妊娠しやすいカラダづくり 第436号 2011年10月23日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.aka...

11.10.07

生活習慣・食事・サプリメント

妊娠前後の食生活の質が子どもの先天異常のリスクに影響する

妊娠前後の母親の食事が、子どもの神経管閉鎖障害や口唇口蓋裂などの先天異常の発症に関連することが、アメリカで実施された大規模な試験で明らかになりました。

2 3 4