ホーム>検索結果

検索結果

キーワード「流産」が付けられているもの

19.01.09

不妊改善・生殖医療関連

不育症に男性パートナーの精子の質が関与している可能性

不育症に男性パートナーの精子の質が関与している可能性があり、男性パートナーの精子にも目を向けることが有益かもしれないことがイギリスで実施された研究で明らかになりました。

17.02.28

妊孕性に影響する因子生活習慣・食事・サプリメント

夏時間への移行が体外受精後の流産リスクに及ぼす影響

胚移植後の21日間に夏時間への移行日があると流産のリスクが高くなることがアメリカで実施された研究で明らかになりました。

16.09.09

生活習慣・食事・サプリメント

妊娠前のカフェイン摂取と流産のリスクとの関係

妊娠前に1日に4杯以上のコーヒーは妊娠後の流産のリスク上昇に関連することがアメリカの試験で明らかになりました。

16.03.29

生活習慣・食事・サプリメント

カップルのライフスタイルと流産の関係(The LIFE Study)

妊娠前の女性とそのパートナーの1日に2杯以上のカフェイン飲料は流産リスクの上昇に、反対に妊娠前からの女性のマルチビタミン摂取は流産のリスク低下に、それぞれ、関連することがアメリカ国立小児健康・人間発達研究所(NICHD)の研究で明らかになりました。

15.08.06

生活習慣・食事・サプリメント

ビタミンD不足は初期流産のリスク上昇と関連する

ビタミンD不足は初期流産のリスク上昇と関連することをデンマークの研究で明らかになりました。

14.06.20

生活習慣・食事・サプリメント

妊娠前からの葉酸サプリメントと流産リスクとの関係

妊娠前の葉酸のサプリメント摂取は流産のリスクの低減に関連することが女性看護師を対象とした大規模疫学調査「看護師健康調査Ⅱ(Nurses' Health StudyⅡ)」の一環として行われた調査の結果、明らかになりました。

14.03.30

VOL.563 不育症と診断された後の妊娠、出産について

____________________________________________________________________  妊娠しやすいカラダづくり No.563 ...

14.03.30

基礎知識

原因不明の不育症と診断されてから出産までにかかった期間

2回以上の流産を繰り返し、不育症と診断された女性は次の妊娠までに21週間、そして、出産できるまで102週間(いずれも中央値)かかり、診断から1年後には74%が妊娠に至っていたことが、オランダで実施された研究で明らかになりました。

11.12.04

その他

VOL.442 2011年に最もアクセスされた記事

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  妊娠しやすいカラダづくり 第442号 2011年12月4日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.akan...

11.09.12

食生活・生活習慣

VOL.430 カラダを実りの秋モードに切り替えよう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  妊娠しやすいカラダづくり 第430号 2011年9月12日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.akan...

11.04.07

その他

妊娠初期の肥満は子宮内胎児死亡のリスクを高める

妊娠初期にBMIが30以上の肥満女性は出産前や出産後、出生後1年間の胎児死亡のリスクが高いことが、イギリスの大学の実施した試験で明らかになりました。

10.10.24

不育症

VOL.385 不育症を正しく知り、理解する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  妊娠しやすいカラダづくり   VOL.385  2010年10月24日                   ━━━━━━━━...

09.11.22

不育症食生活・生活習慣

VOL.338 "快"印でいこう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 妊娠しやすいカラダづくり  VOL.338 2009年11月22日                      ...

09.05.28

不妊改善・生殖医療関連

不妊患者の流産後の次の自然妊娠までに要する期間

不妊患者が自然妊娠後流産したとしても、その後、不妊治療を受けなくても、再び、自然妊娠に至る期待が持てることが、オランダで実施された試験で明らかになりました。

08.01.22

生活習慣・食事・サプリメント

妊娠中にカフェインを摂取すると流産しやすくなる

妊娠中にカフェインを摂取すると流産するリスクを高めるため、妊娠中はカフェイン摂取を減らすか、特に、妊娠初期は止めるべきだと、アメリカのthe Kaiser Permanente Division of Research のDr.De-Kun Liは、妊娠中のカフェイン摂取と流産のリスクとの関連を調べた試験の結果から指摘しています。

08.01.11

生活習慣・食事・サプリメント

妊娠中にコーヒーを飲んでも流産のリスクが高くなることはない

適量であれば妊娠中にコーヒーを飲んでも、流産のリスクが高くならないことが、アメリカのニューヨークのMount Sinai School of Medicineの研究者らのチームの試験によって分かりました。

08.01.10

その他

BMI(体格指数)の高い肥満女性は流産しやすい

BMI(体格指数)の高い肥満女性は、ノーマルな体重の女性に比べて、妊娠の形態に関わらず、流産しやすいことが、イギリスのシェフィールド大学の研究チームによるメタアナリシスによって明らかになりました。

07.12.28

生活習慣・食事・サプリメント

トランス脂肪酸の過剰摂取は妊娠損失のリスクを高める

トランス脂肪酸の摂取が多い女性ほど、妊娠損失のリスクが高くなることが、アメリカのオハイオ州の病院の研究で明らかになりました。

07.12.11

その他

流産や先天性異常の原因についての誤解

アメリカのオハイオ州立大学が実施したアンケート調査によりますと、回答した女性の3分の1は、流産や子どもの先天性異常の原因は母親にあり、そして、4分の1の女性は、妊娠中の女性が精神的に動転すると、お腹の子どもに悪影響を及ぼし、また、5分の1の女性は過度の運動が流産を引き起こすと考えていることが明らかになりました。

07.10.17

30〜35歳妊娠・流産年齢別気になるキーワード

「流産の後は妊娠しやすい」というのは本当なのでしょうか?

「流産後は妊娠しやすい」という説は正しいかどうかというご質問ですね。

2