ホーム>検索結果

検索結果

キーワード「妊娠率」が付けられているもの

19.11.24

妊孕性に影響する因子生活習慣・食事・サプリメント

デンマークのマーガリンへのビタミンD添加政策前後の不妊症女性の出産率

デンマークの不妊症と診断された女性の妊娠確率はマーガリンへのビタミンD添加政策終了後に比べて添加政策実施中のほうが高かったことが、デンマーク不妊コホートを使った研究で明らかになりました。

18.06.23

妊孕性に影響する因子生活習慣・食事・サプリメント

妊娠前のビタミンD濃度と妊娠率や出産率、流産率

妊娠前からビタミンDが足りている女性は足りていない女性に比べて妊娠率、出産率が高く、流産率が低いことがアメリカで実施された研究で明らかになりました。

17.05.21

不妊改善・生殖医療関連妊孕性に影響する因子

油性と水性の造影剤による子宮卵管造影検査後の妊娠率比較

油性の造影剤を使った子宮卵管造影検査後を受けた女性の検査後の妊娠率や出産率は、水性の造影剤を使った子宮卵管造影剤検査を受けた女性に比べて高いことがオランダで実施された多施設無作為化比較対照試験で明らかになりました。

17.04.01

妊孕性に影響する因子

高温相の長さと妊娠しやすさとの関係

短い高温相は短期的に妊娠にマイナスの影響を及ぼすかもしれませんが、単発であれば1年でみれば妊娠率には影響しないことがアメリカで実施された試験で明らかになりました。

14.02.18

生活習慣・食事・サプリメント

日常の運動習慣や胚移植後の身体活動と体外受精の治療成績

日頃から身体をよく動かしている女性のほうが体外受精の治療成績がよく、胚移植後は普段通りでも、静かにしていても治療成績には影響しないことがアメリカで実施された試験でわかりました。

12.05.02

不妊かな?と心配になり出したあなたへ

確率から見た妊娠するということ

ヒトの周期あたりの妊娠率は約20%とされていて、自分たちは妊娠しづらいのかどうかを客観的に知る目安になります。ヒトの妊娠率が意外に低いのは、健康な男女でも一定割合で卵子や精子に染色体異常があるからで、妊娠する、しないは偶然が最も左右するのです。

11.11.27

体外受精

VOL.441 体外受精・胚移植等の臨床実施成績を読む

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  妊娠しやすいカラダづくり 第441号 2011年11月27日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.aka...

11.10.30

学会ハイライト

VOL.437 アメリカ生殖医学会ハイライト(女性編)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  妊娠しやすいカラダづくり 第437号 2011年10月30日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.aka...

11.04.21

ストレス

ストレス軽減プログラムと体外受精治療成績の関係

ストレス軽減プログラムが体外受精の治療成績によい影響を及ぼすことがアメリカで実施された試験で明らかになりました。

11.02.28

ストレス

治療前のストレスがその周期の体外受精の治療成績に及ぼす影響

体外受精の治療を開始する前のストレスレベルは、その周期の治療成績と関連しないことが、イギリスの大学の研究で明らかになりました。

11.01.16

治療方針

VOL.396 納得のいく治療法を選択するための妊娠率予測ツール

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 妊娠しやすいカラダづくり 第396号 2011年01月16日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.aka...

11.01.14

ストレス

体外受精の胚移植後の笑いが妊娠率を高める可能性

体外受精の胚移植後の15分間の簡単なコントを演じることでその後の妊娠率が高まったと、イスラエルの研究チームが報告しています。

11.01.12

不妊改善・生殖医療関連

原因不明不妊の第一選択の治療方法別の妊娠率とコストの比較

原因不明不妊の第一選択療法(最初の治療法)として、タイミング法を選択しても、クロミフェン療法を選択しても、人工授精を選択しても、妊娠率にはそれほどの差は見られないことがイギリスで実施された試験で明らかになりました。

10.08.18

ストレス

ストレスは妊娠の確率を低下させる可能性がある

ストレスは妊娠の確率を低下させることが、NIH(アメリカ国立衛生研究所)の研究者らが実施した試験で確かめました。

10.03.09

不妊改善・生殖医療関連生活習慣・食事・サプリメント

地中海料理に特有な食生活のパターンは体外受精の妊娠率を高める

地中海料理に特有の食生活をおくっている夫婦は、体外受精や顕微授精の治療成績が良好であることが、オランダで実施された試験で明らかになりました。

10.03.08

体外受精食生活・生活習慣

VOL.352 体外受精の妊娠率を高める"食べ方"のヒント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  妊娠しやすいカラダづくり   VOL.352  2010年3月8日                   ━━━━━━━━...

10.03.04

不妊改善・生殖医療関連妊孕性に影響する因子

酸化ストレスと胚のグレードと妊娠率との関係

体外受精で3日目の培養液中の活性酸素の濃度が高いほど、胚のグレードや妊娠率が低くなることが、アメリカで実施された試験で明らかになりました。

09.10.13

その他妊孕性に影響する因子

流産後の処置の方法とその後の妊娠率の関係

妊娠初期の自然流産後にどのような方法で処置を行うかは、その後の妊娠率や出産率に影響を及ぼさないことが、イギリスで実施された長期間の追跡調査で明らかになりました。

08.07.13

体外受精子ども学会ハイライト男性不妊顕微授精食生活・生活習慣

VOL.267 ヨーロッパ生殖医学会から

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━            妊娠しやすいカラダづくり   2008/7/13 No.267 ━━━━━...

08.07.08

妊孕性に影響する因子

生活習慣は不妊のカップルの自然妊娠の確率に影響する

コーヒーやお酒を飲み過ぎたり、喫煙や肥満は、不妊に悩む夫婦の自然妊娠の確率を低くする可能性があることが、オランダで実施された調査で明らかになり、バルセロナで開催中のヨーロッパ生殖医学会で発表されました。

2