ホーム>検索結果

検索結果

キーワード「ビタミンD」が付けられているもの

18.12.24

生活習慣・食事・サプリメント

妊娠中のビタミンD欠乏は出生児の統合失調症リスク因子になるかもしれない

ビタミンDが低値の新生児は統合失調症の発症リスクが高いことから、妊娠中のビタミンD欠乏は出生児の統合失調症リスク因子になる可能性があることがデンマークで実施された症例対症研究で明らかになりました。

18.06.23

妊孕性に影響する因子生活習慣・食事・サプリメント

妊娠前のビタミンD濃度と妊娠率や出産率、流産率

妊娠前からビタミンDが足りている女性は足りていない女性に比べて妊娠率、出産率が高く、流産率が低いことがアメリカで実施された研究で明らかになりました。

18.05.31

生活習慣・食事・サプリメント

妊娠中のビタミンD補充と胎児の成長や罹患率、死亡率:メタ解析

妊娠中のビタミンDのサプリメントは、胎児及び新生児死亡、或いは、先天異常を増やすことなく、SGA(生まれてきた週数の平均から逸脱して小さく生まる)児を出産するリスクの低下や幼児の成長の改善に関連し、摂取量が1日2000IU以下であれば、胎児、もしくは、新生児の死亡率を低下させるかもしれないことが、カナダで実施されたメタ解析で明らかになりました。

17.12.21

冬はビタミンD欠乏に注意

ビタミンDが充足している女性は、ビタミンDが不足、欠乏してしている女性に比べて、体外受精の治療成績が良好であるという研究結果が発表されています(1)。 研究はイギリスのバーミンガム大学の研究者らによってこれまで...

17.12.14

生活習慣・食事・サプリメント

出生時のビタミンD濃度と自閉症スペクトラム発症リスクとの関係

出生時のビタミンD濃度は3歳時の自閉症スペクトラム発症リスクに関連することが中国で実施された症例対照研究で明らかになりました。

17.12.13

生活習慣・食事・サプリメント男性の妊娠させる力に影響を及ぼすもの

男性不妊患者へのビタミンDの補充効果:無作為化比較対照試験

ビタミンDが不足している男性不妊患者のビタミンDとカルシウムのサプリメント補充は精液所見の改善やパートナーの出産率への効果は見出せませんでしたが、乏精子症の男性に限ればパートナーの出産率が向上することがデンマークで実施された無作為化比較対照試験によって明らかになりました。

17.11.24

生活習慣・食事・サプリメント

ビタミンDとART治療成績:メタ解析

ビタミンDが充足している女性は不足、或いは欠乏している女性に比べて高度生殖補助医療(ART)の出産率が高いことがイギリスで実施されたメタ解析で明らかになりました。

17.10.31

生活習慣・食事・サプリメント

妊娠前のビタミンD摂取量と妊娠糖尿病の発症リスク

妊娠前のビタミンDのサプリメント摂取は妊娠糖尿病のリスクの低減に有意に関連することがアメリカで実施された大規模コホート研究で明らかになりました。

17.07.27

その他生活習慣・食事・サプリメント

妊娠中の母親のビタミンDレベルと出生児の幼年期の神経発達

大規模出生前コホート研究のALSPAC(イギリス・エイボン州における親と子の縦断的研究※)のデータを分析した結果、妊娠中の母親のビタミンD不足は出生児の4歳迄の運動や社会性の発達にマイナスの影響を及ぼすことが示されました。

17.06.20

妊孕性に影響する因子生活習慣・食事・サプリメント

ビタミンのD摂取量や血中濃度と妊娠しやすさの関係:ISIS Study

食事やサプリメントからのビタミンD摂取量が推定平均必要量(EAR)※を下回り、血中のビタミンDの指標である25(OH)D濃度が不足、或いは、欠乏とされるレベルにある女性は、妊娠しにくくなるおそれがあり、適切なレベルまでビタミンD摂取量を増やすことは有益である可能性のあることが、アメリカで実施された試験で明らかになりました。

16.10.29

生活習慣・食事・サプリメント

さい帯血のビタミンDレベルと子のADHDとの関係

さい帯血のビタミンDの低いレベルは、子のADHD(注意欠陥/多動性障害)の症状に関連することがデンマークで実施された試験で明らかになりました。

16.08.27

妊孕性に影響する因子生活習慣・食事・サプリメント

ビタミンD濃度と体外受精の治療成績の関係

体内のビタミンDレベルの指標である血中25(OH)D濃度が高いほど受精率も高くなりましたが、妊娠率や出産率とは関連しないことが、アメリカの研究で明らかになりました。

15.08.06

生活習慣・食事・サプリメント

ビタミンD不足は初期流産のリスク上昇と関連する

ビタミンD不足は初期流産のリスク上昇と関連することをデンマークの研究で明らかになりました。

15.05.28

ビタミンDと妊娠する力、育む力

ビタミンDがあらゆる分野で注目されるようになって久しくなりますが、妊娠や出産に際しても大変重要な役割を担っていることを明らかにする研究報告が相次いで発表されています。

14.08.16

妊孕性に影響する因子

体外受精治療周期からみたビタミンD欠乏と不妊症

血中のビタミンD(25OH-D)欠乏は体外受精での低い着床率や妊娠率に関連することがイタリアで実施された試験で明らかになりました。

13.04.20

不妊原因になる病気

ビタミンDと子宮筋腫のリスク

ビタミンDの血中濃度が高い女性、1日に1時間以上日光にあたる女性は子宮筋腫になりにくいことがアメリカで実施された調査で明らかになりました。

07.03.22

生活習慣・食事・サプリメント

妊娠中のビタミンD摂取は子どもの小児ぜんそくを予防する

妊娠中に食事やサプリメントでビタミンDを十分に摂取していると、子どもが小児ぜんそくにかかるリスクが大きく低下することが、このほど発表された2つの試験結果によって明らかになりました。

1