不妊治療のリスク

16.07.22

不妊治療のリスク

体外受精のための卵巣刺激と乳がんの発症リスクとの関係

体外受精を受けた女性の乳がんの発症リスクは一般不妊治療を受けた女性や一般の女性と比べて変わらないことが、オランダの21年間の追跡調査の結果、明らかになりました。

続きを読む

16.01.08

不妊治療のリスク

一般不妊治療や体外受精が子の発達に及ぼす影響

排卵誘発剤の使用や人工授精などの一般不妊治療や体外受精、顕微授精は、それらの治療で生まれた子どもの3歳までの発達にマイナスの影響を及ぼさないことがアメリカで実施された研究で明らかになりました。

続きを読む

15.06.27

不妊治療のリスク

体外受精で生まれた子の学力は自然妊娠で生まれた子と遜色がない

体外受精や顕微授精などの高度生殖医療によって生まれた子どもの15〜16歳時点での学力は自然妊娠で生まれた子どもと遜色がないことがデンマークで実施された研究で明らかになりました。

続きを読む

15.01.10

不妊治療のリスク

体外受精の副作用・合併症の発症率

体外受精や顕微授精などの高度生殖補助医療の合併症の発症リスクはそれほど高くないことが、2000年〜2001年のアメリカの統計から明らかになりました。

続きを読む

13.11.22

不妊治療のリスク

体外受精と出生児のガンの発症リスク

体外受精で生まれた子どものガンの発症率は自然妊娠で生まれた子どもと変わらないことがイギリスで実施された大規模コホート研究で明らかになりました。

続きを読む

13.07.07

不妊治療のリスク

不妊治療と出生児の幼年期から青年期の精神障害

排卵誘発剤によるホルモン療法や人工授精の出生児では精神障害の発症リスクがわずかに高いものの、体外受精や顕微授精の出生児の精神障害の発症リスクは自然妊娠の出生児と変わらないことがデンマークで実施された大規模なコホート研究で明らかになりました。

続きを読む

13.07.06

不妊治療のリスク

体外受精と自閉症や知的障害の発症リスク

体外受精で生まれた子どもの自閉症の発症率は自然妊娠で生まれた子どもに比べてそれほど変わらないが、知的障害の発症率はわずかに高くなることが、スウェーデンで実施された大規模な調査で明らかになりました。

続きを読む

12.08.08

不妊治療のリスク

不妊治療(排卵誘発・人工授精・体外受精)によって異常妊娠や異常分娩が増えるのか?

排卵誘発剤の使用や人工授精、体外受精を受けて妊娠、出産した場合、前置胎盤や早産、低出生体重児などの異常妊娠や異常分娩のリスクが高くなるものの、それは、不妊治療によるものというよりも、不妊治療を受けなければならなかった要因によるものと考えられることが、日本医科大学や東京女子医大学の研究チームによる日本産科婦人科学会の登録データの分析の結果、明らかになりました。

続きを読む

11.07.20

不妊治療のリスク

不妊治療で生れた子と自然妊娠で生れた子の出生前後の健康状態比較

体外受精や顕微授精などの高度生殖補助医療で生れた子ども(単胎児)は、自然妊娠で生れた子ども(単胎児)に比べて、低出生体重児や早産、胎内発育遅延になりやすく、排卵誘発剤を使用して生まれた子どもは(単胎児)、自然妊娠で生れた子どもに比べて、胎内発育遅延になりやすいことが、アメリカで実施された研究で明らかになりました。

続きを読む

11.05.11

不妊治療のリスク

精巣内精子採取による顕微授精で出生した子の健康状態

精巣内や精巣上体内から採取した精子よる顕微授精で生れた子どもの健康状態は、射出精液中の精子による顕微授精で生れた子どもと比べて、遜色がないことがベルギーで実施された試験で明らかになりました。

続きを読む

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11