ホーム>>step2 男性不妊治療戦略

男性不妊

ふたりで知っておきたい、知っておくべき、「原則」や「考え方」

2011年10月27日

ここでは、ふたりが赤ちゃんを授かるという願いを実現するために、ふたりが、自分たちにふさわしい進め方を考えるときに、必要になると思われる「原則」や「考え方」をまとめました。

◎男性不妊検査

男性の不妊検査は、まずは、精液検査を受けることから。

精液検査は、先送りすればするほど、適切な治療方針が立てることができなくなるため、治療機会や大切な時間を無駄にしてしまいます。検査は夫婦揃って、同じタイミングで受けることが大切です。

◎治療の3つの柱

男性不妊の治療は、治療目的別に、セルフケアと男性への治療、そして、女性への治療の3つに分けられます。

ライフスタイルを見直して精子力を高める工夫をするのが「セルフケア」、お薬や外科的な治療を施すことで男性の生殖能力を回復させるのが「男性への治療」、そして、生殖補助医療によって精子と卵子を近づけるのが「女性への治療」です。

◎治療選択指針

自分たちにふさわしい治療方法を選択するための考え方。

男性不妊症の治療法を選択するときには、精液の状態やパートナー(女性)の年齢、そして、ふたりの考え方によって、選択肢が異なってきます。自分たちにふさわしい治療方法を選択するために、それぞれの状況に応じた選択肢や考え方をまとめました。

step2 男性不妊治療戦略

男性不妊検査

治療の3つの柱

治療選択指針