ホーム>検索結果

検索結果

キーワード「治療成績」が付けられているもの

17.11.24

生活習慣・食事・サプリメント

ビタミンDとART治療成績:メタ解析

ビタミンDが充足している女性は不足、或いは欠乏している女性に比べて高度生殖補助医療(ART)の出産率が高いことがイギリスで実施されたメタ解析で明らかになりました。

17.11.01

妊孕性に影響する因子生活習慣・食事・サプリメント

野菜や果物からの残留農薬の摂取と治療成績との関係

残留農薬の多い野菜や果物を多く食べる女性ほど体外受精の妊娠率や出産率が低く、残留農薬は生殖力の低下に関連することがアメリカで実施された研究で明らかになりました。

17.02.24

生活習慣・食事・サプリメント男性の妊娠させる力に影響を及ぼすもの

男性のカフェインやアルコール摂取と精液所見やART治療成績との関係

体外受精や顕微授精に臨むカップルの男性パートナーのカフェインやアルコールの摂取量は、精液所見とは関連しないけれども、治療成績とは関連することが、アメリカのハーバード大学とその関連病院のマサチューセッツ総合病院の共同チームによる研究(EARTH Study)結果が発表されました。

16.08.27

妊孕性に影響する因子生活習慣・食事・サプリメント

ビタミンD濃度と体外受精の治療成績の関係

体内のビタミンDレベルの指標である血中25(OH)D濃度が高いほど受精率も高くなりましたが、妊娠率や出産率とは関連しないことが、アメリカの研究で明らかになりました。

16.08.21

妊孕性に影響する因子生活習慣・食事・サプリメント

運動や日常生活の活動と体外受精の治療成績の関係

治療開始前1年間のトータルの身体活動は体外受精の治療成績とは関連しないものの、エアロビクスやボート漕ぎ、スキー、ステアマシン(踏み台昇降のマシン)などの特定の運動活動やBMIが適正範囲の女性にとっての高程度の運動は治療成績に良好な影響を及ぼす可能性があることがアメリカで実施された研究で明らかになりました。

16.03.03

妊孕性に影響する因子

全粒穀物の摂取量と体外受精治療成績

治療開始前から全粒穀物をよく食べている女性ほど体外受精の出産率が高いことがアメリカの研究で明らかになりました。

16.02.03

妊孕性に影響する因子生活習慣・食事・サプリメント

大豆食品の摂取はBPAの治療成績へのマイナスの影響を緩和する

大豆食品を食べることによってビスフェノールA(BPA)の不妊治療成績へのマイナスの影響が緩和されることがアメリカで実施された研究で明らかになりました。

15.12.26

不妊改善・生殖医療関連

体外受精の治療周期と累積出産率

体外受精の初回の治療周期あたりの出産率は29.5%で、その後、次第に低下するものの、4回目の治療周期まで20%台を維持し、6回の治療周期の累積出産率は65.3%で、9回まで上昇し続けることがイギリスの研究で明らかになりました。

15.09.15

妊孕性に影響する因子生活習慣・食事・サプリメント

葉酸やビタミンB12濃度と体外受精や顕微授精の治療成績

血中の葉酸やビタミンB12濃度が高いほどその後の体外受精や顕微授精で出産まで至る確率が高いことがアメリカの研究で明らかになりました。

15.07.25

生活習慣・食事・サプリメント男性の妊娠させる力に影響を及ぼすもの

男性の肉の摂取と体外受精治療成績との関係

男性パートナーが鶏肉を多く食べるほど受精率が高く、反対に加工肉をよく食べるほど体外受精での受精率が低いことが、アメリカの研究(EARTH study)で明らかになりました。

15.02.07

妊孕性に影響する因子生活習慣・食事・サプリメント

毛髪水銀濃度と体外受精の治療成績の関係

毛髪水銀濃度は体外受精治療周期の卵巣機能や受精率、胚質、妊娠率、出産率に関連しないことがアメリカで実施された研究で明らかになりました。

15.01.13

生活習慣・食事・サプリメント

大豆食品の摂取と体外受精や顕微授精の治療成績との関係

大豆食品の摂取は体外受精や顕微授精の高い出産率に関連することがアメリカの研究(EARTH study)で明らかになりました。

14.10.05

不妊改善・生殖医療関連

発育卵胞が2個以下の周期に体外受精を継続した場合と人工授精に変更した場合の妊娠率比較

体外受精の際の卵巣刺激で発育卵胞が2個あれば、そのまま体外受精を続けてもよいが、1個であれば人工授精に変更しても治療成績は変わらないことがフランスで実施された試験で明らかになりました。

14.09.14

生活習慣・食事・サプリメント

葉酸の摂取量と体外受精や顕微授精の治療成績との関係

葉酸の摂取量の多い女性ほど体外受精や顕微授精の治療成績が良好であることがハーバード公衆衛生大学院の研究チームによる試験で明らかになりました。

14.06.28

妊孕性に影響する因子生活習慣・食事・サプリメント

肥満女性の体外受精前の運動が治療成績に及ぼす影響

肥満女性の体外受精や顕微授精を受ける前の運動習慣はその後の高い着床率や妊娠率、出産率に関連することがイタリアで実施された試験で明らかになりました。

14.03.21

不妊改善・生殖医療関連

卵子提供を受けた女性の年齢別の体外受精治療成績

卵子提供を受けた女性の年齢が45歳以上になると体外受精の治療成績が低下することがSART(生殖補助医療学会)のデータからわかりました。

12.06.19

生活習慣・食事・サプリメント

受精前の食生活と体外受精や顕微授精の治療成績との関係

オランダ栄養センターの食生活ガイドラインに忠実な食生活を送っていたカップルほど、体外受精や顕微授精の治療成績が良好であると、オランダのエラスムス大学医学部付属病院の産婦人科の研究チームが発表しました。

12.04.08

その他食生活・生活習慣

VOL.460 自然のサイクルにシンクロして生命力を享受する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  妊娠しやすいカラダづくり 第460号  2012年4月8日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.akan...

11.11.27

体外受精

VOL.441 体外受精・胚移植等の臨床実施成績を読む

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  妊娠しやすいカラダづくり 第441号 2011年11月27日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.aka...

11.05.12

不妊改善・生殖医療関連

採卵個数が15個の時がその後に妊娠、出産に至る確率が最も高くなる

体外受精で卵巣刺激後の採卵時に15個の卵が採れた時がその後の出産率が最も高いことがイギリスで実施された試験で明らかになりました。

2 3 4